ライフハック・アロマライフ 〜Life of lifehack and aroma〜

ライフハック・アロマ研究家/アロマテラピーインストラクター/アロマブレンドデザイナー、さいたか(アロマ男子)のブログです。

胡散臭いって、どんな臭い?

f:id:saito717:20171019221115j:image

こんにちは。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

アロマテラピーインストラクター・さいたか@アロマ男子(@sai_taka)です!

 

 

面倒臭い、胡散臭い、洒落臭い…など、◯◯臭いとつく言葉は多いですよね。


この場合の「臭い」は、実際にするにおいではなく、
程度の甚だしさを示す、また「〜めいている」「〜らしい」を表す接尾語。

 

胡散臭いは、「胡散(うさん)」+「臭い」。


「胡散(うさん)」は、怪しいさまのことです。


「胡散」の由来としては、以下のような説があります。

 

◯「胡乱(うろん)」→疑わしいを示す漢語


胡(モンゴルの遊牧騎馬民族匈奴(きょうど)」のこと)が中国を攻撃したとき、住民が慌てふためき乱れたという故事から。

 

◯「烏盞(うさん)」→黒の釉薬をかけた天目茶碗


生産地や年代などがはっきりしなかった。

 

◯「Vsanna(ウサンナ)」

 

ポルトガル語で怪しいという意味。

 


ほかにも、香辛料や薬の名前という説もあるらしいのですが、

そのような名前の香辛料や薬は実在していません。

 

この説が、まさに胡散臭いのですね!

 

お後がよろしいようで。



by:sai_taka


Facebookページは、こちらです。
様々な情報を発信していますので、ちょっとのぞいてみてくださいね。
 ↓
アロマのおかげ。 | Facebook


ご要望や感想等をいただけると、とてもうれしいです。

よろしくお願いします!