アロマのおかげ。〜 Lifehack and Aroma Life 〜

アロマテラピーインストラクター/アロマブレンドデザイナー/アロマ環境クリエイター、さいたか(@sai_taka)のブログです。

香りを奏でるオルガン、パフューマリー・オルガンが見れて満足。「アロマフェスタ2019 in Tokyo」に行ってきました!

f:id:saito717:20190209210343j:plain


こんにちは。

ライフハックアロマ・研究家、さいたか(@sai_taka)です!

 

2月9日(土)に、東京国際フォーラムでおこなわれたAEAJのイベント「アロマフェスタ2019 in Tokyo」。

 

当日は、まさかの雪…。

 

そんな天候の中でしたが、寒さに耐えて行ってきました。

 

 

いつもの通り、セール会場とセミナー会場が分かれており、どちらも盛況でした。

 

 

セミナー会場では、2つのトークセッションがおこなわれ、

トークセッションの合間には、パフューマリー・オルガンの生演奏がありました。

 

f:id:saito717:20190209210347j:plain

 


パフューマリー・オルガンとは?

 

19世紀の香料研究者セプティマス・ピエス考案の「香階」。

 

46種類の天然香料を、音階に並べたものです。

 

高い音には軽やかな香り、低い音には重い香りが紐付けられています。

 

その「香階」に着目して製作された、香りを奏でるオルガンです。

 

オルガンの鍵盤を押すと、香料の入ったビンの中に空気が送り込まれて音が鳴ります。

 

同時に、香料に触れた空気が演奏者・鑑賞者のもとへ、空気の流れに乗って届くのです。

 

f:id:saito717:20190209210343j:image

これが、パフューマリー・オルガンです。



f:id:saito717:20190209210336j:image

オルガンの前には、香料の入ったビンが並んでいます。

 

f:id:saito717:20190209212436j:image

横側から見たところです。


f:id:saito717:20190209210333j:image

鍵盤を押してみると、音と香りを一緒に感じます。

 

 

「香階」のことは、以前本で読んで知っていましたが、

音と香りが一緒に響く感覚は、今までにない新鮮なものでした。

 

 

 

トークセッションのことは、また後日に。

 

 

それでは、今日はこのへんで。

 

by:sai_taka

 

 

Facebookページは、こちらです。

(「いいね!」していただけるとうれしいです。)

   ↓

アロマのおかげ。 | Facebook