ライフハック・アロマライフ 〜Life of lifehack and aroma〜

アロマテラピーインストラクター/アロマブレンドデザイナー/ライフハック・アロマ研究家、さいたか@アロマ男子のブログです。

クリスマスの香り

f:id:saito717:20181225213522j:plain


こんにちは。

ライフハックアロマ・研究家、さいたか(@sai_taka)です!

 

今日はクリスマスですね。

 

クリスマスといえば、アロマを学んだ人が頭に思い浮かべる精油があります。

 

それは、ミルラ(没薬)とフランキンセンス(乳香)。

 

両方とも、新約聖書に登場します。

キリストが誕生した時、東方の三賢人が献上したのが、黄金・没薬・乳香でした。

 

当時は、香りが黄金と並ぶほど貴重なものだったのです。

 

 

ミルラ(没薬)

【学 名】Commiphora myrrha、Commiphora abyssinica
【科 名】カンラン科
【産 地】ソマリアエチオピア 等
【抽出部位】樹脂
【香りの特徴】甘く苦いエキゾチックな香り。
【作 用】殺菌、鎮静、健胃、収れん 等


防腐作用が強く、古代エジプトではミイラ作りに用いられました。そのため、ミイラの語源になったと言われています。

 

 

フランキンセンス(乳香)


【学 名】Boswellia carterii 、Boswellia thurifera
【科 名】カンラン科
【産 地】ソマリアエチオピアオマーン 等
【抽出部位】樹脂
【香りの特徴】樹木と柑橘の両方をあわせもつような、奥深い香り。
【作 用】浄化、鎮静、抗うつ、抗菌、収れん、細胞再生 等

 

樹皮に傷とつけると乳白色の樹液が滲み出し、それがミルクに似ているので、乳香とも呼ばれます。古代から珍重され、宗教儀式に欠かせないものでした。

 

 

両方とも、カンラン科植物の樹脂から採れる精油です。

また、殺菌や抗菌、鎮静作用等が共通しています。

 

今の季節に活用したい香りですよね。

 

 

 

それでは、今日はこのへんで。

 

by:sai_taka

 

 

Facebookページは、こちらです。

(「いいね!」していただけるとうれしいです。)

   ↓

アロマのおかげ。 | Facebook