ライフハック・アロマライフ 〜Life of lifehack and aroma〜

ライフハック・アロマ研究家/アロマテラピーインストラクター/アロマブレンドデザイナー、さいたか(アロマ男子)のブログです。

かき氷のシロップの謎

f:id:saito717:20180815083247j:plain

 

こんにちは。

ライフハックアロマ・研究家、さいたか(@sai_taka)です!

 

かき氷といえば、シロップの鮮やかな色。
 
そして、「ブルーハワイ」という謎の味。
 
自然界の食べ物で、あの青さはないですよね(笑)。
 
 
 
あのシロップの味は何だったのか、調べてみました。
 
 
 
 
いちご

かき氷シロップいちご300ml|ベル食品

 

果糖ぶどう糖液糖、砂糖、食塩/香料、酸味料、紫コーン色素、赤キャベツ色素、甘味料(ステビア

 
 
ブルーハワイ
 
果糖ぶどう糖液糖、砂糖、食塩/香料、酸味料、甘味料(ステビア)、着色料(青1)
 
 
 
メロン
 
果糖ぶどう糖液糖、砂糖、食塩/香料、酸味料、甘味料(ステビア)、着色料(黄4、青1)
 
 
なんと、違いは香料と着色料だけ。
 
子供の舌だから、騙されていたのでしょうか?
 
 
これを見て、以前読んだ本を思い出しました。
 
 
 
この本に、興味深い実験が出ています。
 
 
1)ボルドー大学での実験
 
ボルドー大学でおこなわれた、醸造学部の学生54名を対象にした実験です。
 
 
まず、ボルドーワインの白ワインを嗅いでもらい、何の香りがするかを尋ねました。
 
答えは、蜜、バター、アーモンド、レモンなど。
 
 
次に、このワインに無香料の赤い着色料を混ぜて、同じ質問をしました。
 
すると、サクランボ、カシス、いちご等という答えだったのです!
 
 
白ワインを嗅いだ時の答えは白っぽいものでしたが、赤く色をつけただけで、答えが変わってしまいました。
 
色だけを変えたはずなのに、感じる味も変わってしまったのです。
 
 
2)緑色のオレンジジュース
 
またある実験では、「緑色に着色したオレンジジュースの匂いを嗅ぐと、かなりの確率でレモンジュースと間違える。」ことも分かっています。
 
 
3)香りを強く感じる包装
 
また別の実験では、
 
  • コーヒーは、コーヒー色の包装をされているときが最も香りが強く感じられる。
  • 同じように、チョコレートボンボンはチョコレート色の箱が最も香りを強く感じられる。
  • イチゴのシロップは、赤ければ赤いほど感じるイチゴの匂いが強くなる。
 
という結果が出ているそうです。
 
 
 
「味」は、舌にある味蕾と呼ばれる器官で感じる情報と、色(視覚)や香り(嗅覚)による経験・記憶の情報があわさって判断されているのです。
 
 
思いのほか、「色」と「香り」に多くの影響を受けているのですね。
 
 
書いていたら、かき氷が食べたくなってしまいました。

 

 

それでは、今日はこのへんで。

 

by:sai_taka

 

 

Facebookページは、こちらです。

(「いいね!」していただけるとうれしいです。)

   ↓

アロマのおかげ。 | Facebook