ライフハック・アロマライフ 〜Life of lifehack and aroma〜

ライフハック・アロマ研究家/アロマテラピーインストラクター/アロマブレンドデザイナー、さいたか(アロマ男子)のブログです。

精油の効果を、神経伝達物質の動きで説明する本。『脳に効く香りー精油の効果をモノアミンで考えるー』を読みました。

f:id:saito717:20180805174853j:plain

 

こんにちは。

ライフハックアロマ・研究家、さいたか(@sai_taka)です!

 

先日、鳥居伸一郎さんの『脳に効く香り: 精油の効果をモノアミンで考える (香り新書)』という本を読みました。

 

 

ひとことで言うと、

精油が脳へどう作用するのかを、神経伝達物質の動きで説明する本」です。

 

著者の鳥居先生は、精油精神薬理学的にどのように効くのかを研究し、精油の効果をモノアミンの動きで説明されています。

 

モノアミンとは、脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンセロトニンドーパミン等のこと。

 

このモノアミンに、グルタミン酸、GABA、アセチルコリンという神経伝達物質も加えて、精油の効果を説明しています。

 

たとえば、ローズマリー・カンファーは「集中力向上」「やる気が出る」と言われる精油ですが、ノルアドレナリンを増加させると考えられ、科学的に検証したデータもあります。

 

ノルアドレナリンは興奮系の神経伝達物質で、増加すると「やる気が出る」「集中力が上がる」また「活動的になる」のです。

 

 

この本を読むと、抽象的な表現が多かった精油の効果について、より具体的でわかりやすい言葉で表現できるようになります。

 

ちょっとマニアックですが、精油の効果について、より深く知りたい方におすすめです。

 

 

それでは、今日はこのへんで。

 

by:sai_taka

 

 

Facebookページは、こちらです。

(「いいね!」していただけるとうれしいです。)

   ↓

アロマのおかげ。 | Facebook