ライフハック・アロマライフ 〜Life of lifehack and aroma〜

ライフハック・アロマ研究家/アロマテラピーインストラクター/アロマブレンドデザイナー、さいたか(アロマ男子)のブログです。

そのままでも甘いはずのアイスクリームに、バニラのフレーバーが添加されるのはなぜ?

f:id:saito717:20180410190512j:image


こんにちは。
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 

さいたか@アロマ男子(@sai_taka)です!

 

 

だんだんと、汗ばむ陽気も増えてきました。

暑くなると、アイスクリームが食べたくなります。

 

アイスクリームの材料をみると、そのままでも甘いはずなのに、
さらにバニラエッセンスが加えられていることが多いですよね。

 

なぜなのでしょうか?


舌にある「味蕾(みらい)」と呼ばれる味を感じる部分は、低温で活動が低下します。

 

例えば、甘い清涼飲料水はぬるくなってくると、かなり甘く感じますよね。

つまり、冷たい食べ物だと味を感じにくいというわけです。

 

 


話がちょっと変わりますが、
食べる時に感じる香りは2種類あります。

 

オルソネーザル(たち香)と、レトロネーザル(あと香)です。

 

鼻先で感じるのがオルソネーザルです。
これをもとに、どんな味か・好みかどうかを脳が予想します。

 

口の奥から鼻に流れ込むのがレトロネーザルです。
こちらは、味に影響します。

 

それは、食べ物の香りの大部分が、鼻ではなく口で知覚されているように感じられるからです。

 

この現象のことを「オーラル・リファラル」と言います。

 


まとめると、

 

  • アイスクリームは、冷たい。
  • 温度が低いと味蕾の活動が低下し、味を感じにくい。
  • そこで、「鼻で感じる甘さ」を添加する。

 

ということなのですね。

 

これは、昨日ご紹介した本に載っていました。

 

saito717.hatenablog.com

それでは、今日はこのへんで。

by:sai_taka


Facebookページは、こちらです。
様々な情報を発信していますので、ちょっとのぞいてみてくださいね。
 ↓
アロマのおかげ。 | Facebook


ご要望や感想等をいただけると、とてもうれしいです。

よろしくお願いします!