ライフハック・アロマライフ 〜Life of lifehack and aroma〜

ライフハック・アロマ研究家/アロマテラピーインストラクター/アロマブレンドデザイナー、さいたか(アロマ男子)のブログです。

スズメバチが嫌う化学物質とは?

f:id:saito717:20180325083718j:plain


こんにちは。
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

さいたか@アロマ男子(@sai_taka)です!

 

 

だんだん暖かくなって、桜も少しずつ咲き始めました。

暖かくなってくると、虫たちも活動的になってきますよね。

 

先日、「スズメバチの攻撃本能を一時的に失わせる化学物質が発見された」という記事を見つけました。

 

www.yomiuri.co.jp


発見したのは、高知大の金哲史教授(化学生態学)たちで、その科学物質は「2―フェニルエタノール」。バラやサクラなど、花の香りに含まれています。

 

さらに調べてみると、カーネーション、ヒヤシンス、アレッポマツ、イランイラン、ゼラニウムネロリ、キンコウボク など、さまざまな精油に含まれているようです。

 

霧吹きでスズメバチにかけると、人を刺すなどの攻撃行動をしなくなり、この化学物質を感知すると、仲間が近づかなくなる効果も確認されたそうです。

 

 

この発見が応用され、例えばハチよけスプレーができたりすると、スズメバチの被害に遭う人が減っていいですよね。

 


それでは、今日はこのへんで。

by:sai_taka


Facebookページは、こちらです。
様々な情報を発信していますので、ちょっとのぞいてみてくださいね。
 ↓
アロマのおかげ。 | Facebook


ご要望や感想等をいただけると、とてもうれしいです。

よろしくお願いします!